就業規則や各種協定の作成や見直しは、やはりプロの目で。

就業規則や各種の人事に関する規程の整備は、従業員の義務と権利を明確化するものであると同時に、能力や意欲を最大
限に発揮させるために必要な、大切な職場のルールづくりです。
2008年3月1日施行の労働契約法では、「労働者及び使用者が労働契約を締結する場合において、使用者が合理的な
労働条件が定められている就業規則を労働者に周知させていた場合には、労働契約の内容は、その就業規則で定める労
働条件によるものとする。」(労働契約法第7条)と規定しました。企業の実態に即した就業規則の重要性が、一段と高
まったことになります。
最近激増している個別労働紛争の多くは、就業規則など人事諸規程の不備や、運用の稚拙さから発生していますが、規程
の整備と、運用の適切化によって、そうした紛争の多くは未然に防ぐことができます。就業規則や各種協定の作成や見直
しは、法令や、各種事例を熟知した私たち「愛知社会保険労務士事務所(ASLO)」にお任せください。