事業主や家族従業者、会社の代表、取締役も労災保険に特別加入。

(併設:労働保険事務組合「国営制度事務協会」)

「労働保険事務組合」とは、労働保険の事務処理について国(厚生労働大臣)の認可を受けた、中小事業主の団体(事務
組合)であり、労働保険料の計算や申告納付、関係官庁への書類の提出など労働保険に関する事務処理一切の手続を事業
主に代わって行う組織です。なお、中小事業主が事務組合に業務を委託した場合には、事務処理の手間が省けるといった
メリットの他に、労災保険に加入することができない「事業主」や「家族従業者」なども特別に加入することができるよ
うになるほか、労働保険料の額にかかわらず「3回に分割納付」*できるなどのメリットがあります。
また、「愛知社会保険労務士事務所」では、労働保険事務組合の「国営制度事務協会」や関連事業組織を併設することで、
建設業の「一人親方」の労災保険や「中小企業退職金共済制度」による従業員の退職金制度、「小規模企業共済制度」に
よる個人事業主・会社役員の退職金(共済金)制度の活用などを通して、多くの中小企業のみなさまのお役にたっていま
す。           *労働保険事務組合に委託していない場合は、一定額を超えないと分割納付ができません。